日野晃の常識を打ち破る人生
熊野道場・クリスマス・コンサート集 1  
 
中学時代は器械体操で東京オリンピックの強化選手に選ばれる(指導者不在のため友人達と独力で体操を研究した結果)

小学生の頃は演劇でラジオ放送劇に 中学3年の頃からベンチャーズやビートルズに憧れギター少年に

 

音楽(ギター)で身を立てようとジャズバンドに入るが譜面を読めないので挫折

19才バンドボーイからジャズドラムに挑戦、音楽は世界共通語と悟り音楽で世界を目指す

ドラムのパワーをつける為に不動禅少林寺拳法を習う(武道に対する子供の頃からの関心もあり)
それに飽き足らず友人たちと、中国拳法や様々な道場を訪ねる


コンサートスタジオやクラブ、ショービジネスの仕事をする傍ら、既成のジャズに疑問を持ち、京大西部講堂を中心にフリージャズの世界で活躍(故阿部薫・故吉沢元治、山下洋輔・坂田明をはじめ前衛的ジャズミュージシャン、詩人吉増剛造やアンダーグラウンド演劇、舞踏とジョイントや共演)の後、関係性を追及する為
武道の世界へ


日本に古くからある「柔よく剛を制す」という言葉が道場には存在するのか、と空手や中国拳法などの道場を訪ね歩くが、机上の空論的現実に気づき個人的に探求に入る

27才
の時ディスコの音楽監督件マネージャー、
28才カレー専門店経営、
29才
ジャズ喫茶経営・音楽スタジオ経営、凛道(糸東流宗家・摩文仁賢和師に師事されていた廣川弘師が主宰)を友人の紹介で知り学ぶ、フランスで武者修行

 
屋根作り
30才の時、武道に本格的に取り組むための実験道場を大阪に開設(急所攻め専門の究極のアルティメット方式で男女別なし)
この間、人間同士の生体反応や身体の無意識的反射などを発見、と同時に治癒の方法を発見、しばらくは治癒を通して身体を探求
探求の中で、重要なのは「身体そのもの生体感応」だということを発見
そういったところから、これらを含んだ「合理的な身体の使い方」が、歴史に残る達人であることを確信、日野理論の基礎が出来る
探求が深まるにつれ稽古が過酷になり、生徒の数が減る。
より追究するため現道場のある
和歌山県熊野に移る
2階木組み

                        
道場内部
道場内部

朝日放送ラジオで自分のコーナーを持つ
講演
企業の研修

身体の動きに的を絞ったとき、武術の世界よりバレエや舞踊の世界に動きの核心があることに着目。故ジョルジュ・ドンや井上八千代等の動きや意識を研究。
内弟子達6人で道場建設に着工。

合気道養神館故塩田宗家の演武に触れ、無意識的な反射や体重移動の研究結果が間違っていなかったことを確認。

武神館初見宗家のビデオを知り、私が探している日本伝統武術の真髄がここにあったことに狂喜乱舞、いつの日か初見宗家にお会いできることを目指す。

丸太を使ったゴルフ場の橋などの建設業をはじめる
10年後道場完成(六角形・百坪・高さ12メートル50)

住友精密をはじめ多くの企業や団体の依頼で、講演や経営者研修・社員研修等はじめる。


1991年、雑誌「格闘技通信」誌上で「日野理論」を3カ月に渡って発表
1996年、著書
「常識を打ち破れ!行動を起こせ!」日新報道より出版される
1996年、雑誌「秘伝」で連載が始まる
1997年、著書「迷ったら原則に戻れ!」日新報道より出版
 BABジャパンからビデオ「影伝1〜3」「武学1」発売
 
念願通り武神館初見宗家とお会いすることが出来、初見宗家から「まるで自分の影とやっているようです、日野さんは一流の殺し屋になれますよ」と言っていただく。
 
ラジオ朝日で日野晃のコーナーが始まるがデジタル化の為、6ヶ月で終了
1998年、著書
「武術革命」BABジャパンより出版
1999年、著書「武学入門」BABジャパンより出版・ビデオ「武学2」発売
2000年 知的障害者の作業所と関わる。
    伊藤式体操の伊藤昇先生と交流させて頂く  
    ビデオ「武学3」BABジャパンより発売
2002年 著書「こころの象(かたち)」ストークより出版、初見先生の紹介で、 英語・ スペイン語に翻訳されて諸外国でも出版
2004年 著書「古武道入門」彩流社より出版 
     ムック本「達人主義」ベースボールマガジン社から出版。
2005年 コンテンポラリー・ダンス界の巨匠、ウイリアム・フォーサイス氏に招かれワークショップを開く 
「ウイリアム・フォーサイス、武道家日野晃に出会う」白水社より、押切伸一氏と共著 7月28日出版
2006年 再びドイツへ。ウイリアム・フォーサイスカンパニーでワークショップを開く。
2007年 ドイツへ。大阪で春・秋ダンスワークショップ、夏東京でWS。これらWSは毎年開催となる。
2008年 イタリアでワールド・ダンスミーティングの講師として招聘される。フランスで初の武道WS。ドイツWS。
「対人技の真髄」BABジャパンより。同時にDVD発売
2009年  フランス3回、スイス、ドイツWS。フランスで武道DVD発売。
 
フランス・ベルギー・オランダへ年3回定期講習始まる
2010年 岡山と埼玉でダンス公演を振り付け演出
2011年 神戸と東京でダンス公演を製作振り付け演出
2012年 フィンランドで武道講習。スウェーデン王立バレエ団及び芸術大学で講習。ベルギー王立芸術大学で講習。
     
埼玉芸術劇場でダンス公演製作を振り付け演出
2013年 「こころの象」完全英語版、世界発売
2014年 DVD「武道の解答」BABジャパンより

   

1ページ

2ページ
7ページ
小学校時代 
小学校2 
初めての喧嘩 
ほんまの喧嘩 
喧嘩の結末 
器械体操にチャレンジ 
秘密兵器を使う
体操競技に取りつかれる
中二の初恋物語
初恋物語2 
三都市大会が始まった
昼食になった
中学時代はこんな時代
人生最初の決断
新聞配達
初めての背広
京都先斗町へ
京都2
ソフトからドライへ
一人で店を
一人で店を2
一人で店を3
えっ!お●●
クラブの仕事
喫茶バーテンに
梅田の店オープン
リンゴの皮むき
大騒動の序1〜5

自分の店に
ゲイバー?
二者択一1
選んだ
バンドボーイ

バンドボーイ1
バンドボーイ2
バンドボーイ3
バンドボーイ4

 



●日野武道研究所サイトマップ/English

武禅一の行
・ 武禅で何をするの
・ 行会案内
・ 参加者のレポートから
・ 武禅の一日 武道塾
・ 武の存在意味
・ 武道に極意なし
・ 武道的対人論
・ 合宿レポート
・ 教室 
・合気道研究

●海外での指導

身体塾
・ 骨格で考えよう
・ 身体を連動させる
・ 身体の法則性
・ 身体の学び方
・ 表現者へ
●海外での指導

●武道を学校に導入?
●稽古と意識
●ギエムという芸術
●文楽は武道だ
●胸骨トレーニング
●メンタルトレーニング?
●トレーニングとは?
●稽古と学ぶ
●故伊藤先生のこと
フォーサイスカンパニーでの一週間

●練習の仕方 ●過去のワークショップ一覧


・日野晃の著作物/DVD他・メディアでの紹介・予定表・ブログ(毎日更新)・グッズ・本やDVD・Tシャツ販売・リンク

・過去の更新履歴

・お問い合わせ