人との関係性をよくする為に

東京都江東区森下3丁目
11-12千葉ビル1F
東京教室

大阪市北区中崎2-3-29
らこてん中崎内(毎週水)
大阪教室

 ぶどう塾 こころを鍛える からだを鍛える  

 

2006 夏合宿 8/11〜15

 

レポートより

「腕のねじれを解く」稽古のとき、肩からの流れで肘、手の先までの一連を、力が伝わるようになるまで何回もやり、出来るようになったら肩、肘、と細部を考えていけば良いということだった。
私は今まで、最初に運動を分解してしまって、運動全体の途中で頓挫してしまうばかりだった。
大雑把でも運動が最後までいけた時は、大きな忘れ物に出会ったような感じを覚えました。

 

セミナーや教室では、そして身体塾や武道塾に限らず毎回毎回言うことがある。
それは、目的や目標を実現させる、達成させるための方法だ。つまり、自分に対する稽古方法だ。
しかし、それらはほとんど身に付いていない。
その原因は、自分の「頭で納得」するだけだからだ。頭で納得するというのは、自分の内部で自己完結させてしまうということにほかならない。
しかし、そのことを実際として分かっていないので、「自己完結させているだけだ」と言ったとしても、そのことを頭で納得し、自己完結させる。
その堂々巡りが、自分自身を永久に成長させない原因だ。
今回は、それを身体で徹底的に身に付けることを目的とした。

人は誰も自分の取り組んでいることに対して“上手になりたくない”“成長しなくても良い”“目的を達成しなくても良い”とは思っていない筈だ。
しかし、約30数年ほど、人に教えるということをやっていると、“上手になりたくない”と思っているとしか思えない人が殆どだということに気付く。
もちろん、「あなたは上手になりたくないのですよね」と問うと、「えー、いいえ上手になりたいと思っています」と100パーセントの人は答える。
つまり、上手になりたいのであれば、そうなる稽古方法を考えれば良いのだが、それを全く考えずに漠然と稽古時間を費やしている人が殆どなのだ。
これをやっていれば自動的に上手になれる、と漫画並みの思考しか持っていないのだ。
もちろん、頭の中は“上手になりたい”とは「思っている」のは間違いない。つまり、頭の中身の「思っている」と実際の作業とがかけ離れているということなのだ。
これは、ダンサーや武道に取り組んでいる人に限ったことではない。
いかに人は、時間の無駄使いしているかだ。

こんなレポートを書いた人がいた。
「自分の身体はどうなっているのか、何をやっているのか、何をやってしまっているのか、全くといってよい程自覚されていなかったのだと感じた。例えばAというテーマをやり、他人からどう見えているのか、そこからアドバイスをもらい、改めて、それにチャレンジしたとき、何も変わっていない、と指摘された。頭の中のやっている『つもり』は、本当につもりで、実際は何もやっていないのだ。これには愕然とした」
これを書いた人は、ダンサーでキャリアも古い。
つまり、自分が上手になるためにはどうしなければいけないのか、という自分自身の作業を全く怠っていた、ということだ。
これらのことは、厳密なトレーニングの中でしか発見できないし、はき違えた「個人の個性尊重志向」でも発見できない。
ましてや、同じようにはき違えの個人を尊重した、つまり、否定のないレッスンや稽古から発見できるはずもない。
上手になったり、目標を実現するのは、それに取り組む人そのものであり、決して自分以外の人ではない。
自分が自分に対して工夫する以外にはないのだ。
その自分自身の工夫の集積を、「私」というのであって、それのない人は「私」ではなく、「誰か」なのだ。
なぜなら、誰かに教えられた言葉や、方法、といったことしか知らないからだ。


“ねじれ”から“もどす”と“ねじれの力の方向に動く”を当初のテーマとして行った。
それを発展させ、“何に意識すれば”となり、“身体全体に”になるのか、そして、どうして身体全体だと言えるのか、を「身体」そのもので答えを探していく、という稽古だ。

一人に対して二人以上の複数が対峙する。
そのことで起こる心理的動揺、自分の注意が散漫になることを知る。
これは、ダンスや武道に限らず日常で必要不可欠な要素だ。
つまり、現実は自分の思い通りにならないことを知り、だからどうしなければならないのか、の方法論が生まれるのだからである。 

一本の棒を相互に持ち、片側が全身を使って棒を持っている人を倒す。
もちろん、「倒す」ということだけで言えば、色々な方法があるので、それが目的ではない。
自分の全身、つまり、足先から手先までを連関させ、繋がらせ力を発揮することが目的だ。
最初は、腕だけに頼っていたのが、時間が経つ内に全身を使えるようになる。
それは、以外と力が必要ではない、という実感が答えになる。
その時の身体が感じたこと、それが全身が繋がっているということの一つの答えであり、記憶しておかなければならないものだ。

全てに共通するのは、相手との正面向かい合いだ。
これがなければ、関係として成立しないし、身体の任意の部位を、相手に意識させることも出来ない。
そして、自分の意識を静止させることも出来ない。
それらが、自分自身の存在を、相手に認識させることなのだ。
つまり、表現として一番重要な要素なのだ。

一人に対して、複数が掴みかかる。身体に対する注意を洗練させるには、これしかない。
そして、頭で行っている判断を停止させ、身体そのものが自動的に動いてくれることを引き出すにはこれしかない。
事前に行っている、“体重移動”“無意識反射の誘導”“ねじれの戻り”等を駆使し行った。
レポートに
「次々に相手を転がしていく稽古も意外と出来るんだと思い、自分が誇らしい気持ちになりました」と書かれてあった。
一見不可能だと思うことも、やり方さえ間違えなければ可能になる。そして、その不可能を可能にした自分を嬉しくなる。
これが通常の感覚だ。
「皆、どうしてこんな難しいことが出来ているのに喜ばないのだ。もっと喜べ!」

「今年の声明は、何かいまいちだった。自分の言い方で言うとハモリ具合がバラバラだった。しかも声を出そうとしても出なくて、喉が枯れた。」
参加者のレポートに書かれてあった。

毎年、お盆に合宿するので、それぞれの「音」を探り出し、全員が中央に向かって声を出す。
それが重なってくると、出している音だけではなく、出しているはずのない音が聞こえる。いわゆる倍音だ。
その響きを浴びると、身体が緩み疲れが取れる。その体験に昨年はアンデルも涙した。
参加者が書いていたように、今年の声明は汚くにごっていた。喉がつまり、沢山の人は咳込んでいた。
それぞれの出す音が混じらなかったのだ。だから、音が壁になり、喉を押しつぶしていたのだ。
その原因は、それぞれが勝手に音を出していたからだ。勝手に、というのは「自分が出す」だけで、皆と一緒に出す、出しているという意識がないという意味でのものだ。
「自己完結」しか出来ない人が集まるとこうなる。
何とも気持ちの悪い、後味の悪い声明だった。

フジテレビSRS

15日昼から、フジテレビSRSの撮影が入った。
まずは合宿風景の撮影。

翌16日は浅草キッドのお二人と、西山マキちゃんが参加した。
三人を相手に、原理を説明したり体験したりしてもらった。
本当に気持ちの良い人達だ。
さすが格闘番組の司会もしているだけあって、そっち方面の質問も相次いだ。
浸透する突きを、体験してもらい、水道橋博士に伝授した。

今回の撮影を通して、身体の不思議の一端を紹介できたのではないか、と思っている。

西山茉希ちゃんと

 

2005年 夏合宿

恒例の夏合宿は、8月12日から16日まで行った。
今回は、この前に横浜でのダンスワークショップがあったかげんで、東京のダンサーたちが多数参加した。
そういった事で、いつもは女性が少数なのだが、今回は約半数が女性だった。
ワークショップではFeel&Connectをテーマに展開したが、これは武道の基本的な要素であり、武道の全てを括る実際的技術でもある。
いつもは、そのFeel&Connectをピックアップしないで、身体操作を主に稽古するのだが、ワークショップの流れからFeel&Connectをテーマとして行った。
腕を使い、武器を使い、身体を使いFeel&Connectする。武道として。

「相手を感じる」という言葉は簡単だ。
しかし、そこに含まれている中身は多種多様である。
まず相手に対する「目的」がある、そして「相手の何を」があり、それを「どう」で成立する。
つまり、「何を」の実際、「どう」の実際を、自分自身の身体の感覚を通して認知しなければならない。
しかし、認知しても仕方がないのだ。
認知することで、こちらにとって有利な身体運動が起こらなければ意味がないからだ。



会話で言えば、相手の話を聞くだけでは意味がない。
その相手の話を相手の意図に沿って理解することに意味がある。
しかし、その理解も意味がない。
理解した事に対して自分の考えを伝えてこそ、相互の関係が成立したということだ。

であるから、こちらに何もない人、つまり、相手に対して何の目的も意図も持たない人、色々なことに自分の意見の確立されていない人は、人の話や人を理解することなどあり得ないのだ。
そもそも最初から、人や何かと関係していくという事をしていないのだからだ。
それと同じで、「相手の何を」も「どう」も、実は当たり前のこと、当然誰でも潜在的に理解している範疇なのだが、実際はそうではない。
先ほどの、積極的な人との関係の結び方を知らない人、希薄な人が多いからだ。

武道においての「相手の何を」はすこぶる単純だ。
まず「力の量と方向」だ。
その力を出す目的は、こちらを倒す、あるいは殴る・斬ると決まっている。
であれば、「何時相手が」が分かればよいということだ。
何時その力をこちらに向けるのかだ。
それは相手がそれを何時意識するかにかかる。
であるから、相手が「意識した刹那」を認知するということが、「相手の何を」になる。そして具体的な「力の量と方向」だ。
それらを手を通して、あるいは腕を通して、刀を通してという具合に稽古をすすめる。
そして、それらを認知出来ても意味がない。
つまり、認知しても殴られている、倒されている、斬られている、になってしまうから意味がないのだ。
で、具体的な「力の量と方向」を察知し、それと「対立しない方向と力の量を持ち動く」になる。
これが武道でいうFeel&Connectの実際だ。
棒や刀という道具は、ある意味直接腕や身体で接触するよりも微妙な事を認知出来る。
つまり、意識の変化や力の変化を認知しやすいのだ。
そして道具は、自分の手足のようには操りにくい。
だから、道具をどう使えばよいのか、という点で身体の智慧が無意識的に成長するという側面もあるのだ。

アンデルが合流し、少し複雑な組稽古に発展した。
というのは、アンデルはダンサーだ。
つまり、動きの形式認識がすこぶる早いのだ。
それは、子供の頃からクラシックバレエという型、振り付けという型を使った本番という舞台をさんざん消化してきているからだ。
しかも一流であるからそこには厳密に、という但し書きが付く。

角度を変えれば、様々な型を消化しているからこそ、様々な身体運動を理解し取り組む事が出来るといえる。
それが少なければ、自分のクセでしか身体を動かせないのだ。
このあたりの人の身体運動の仕組みを分かっていなければ、武道での成長もダンスでの成長もあり得ないのだ。
つまり、永久に自分のクセの中であり、それを自分勝手といい、そこから抜け出すことなど出来ないのだ。

「型」とは、自分の狭い世界観やクセから抜け出せる為の唯一の道具なのである。
武道の生徒達が試行錯誤している最中には、アンデルは完全に形を憶えている。
そこには歴然とした差があった。
もちろん、アンデル自身は子供の頃から、その世界の優等生で活躍していたという背景をもっているからだが。
しかし、それを差し引いたとしても武道を何年も習っている者よりも、武道としての物覚えがよいのはどういうことだ?

合宿の日程の残りが少なくなるほど、参加者の目が鋭くなっていった。
もちろん「真剣向かい合い」を自分自身のテーマとして持っている人だけだが。
そして、「何を」「どう」に対する取り組みが自分のものとして定着しつつあるからだ。
つまり、テーマに対しての意志が芽生えて来たということだ。
もちろん、そうではない人もいる。
そこの垣根は「思い込み」の世界の住人か、「現実」の世界の住人かの違いだ。
Feel&Connectとは、まさしく現実の住人ならではのもの、現実に生きているからこそのものである。

今回の合宿は、例年のように「ひたすら汗をする」ではなく、「ひたすら心に汗をかく」だった。
「感じる」という実際。
そして、その実際と実際の作業とテーマ。
それらを一致させるという稽古だ。
ここが無ければ、実際は何も成立しない。
もちろん、道場内では成立する。
そして特定の個人とは成立するが、それでは何の意味もない。
「道場だけでしか通用しない人間になりたいの?」そんなバカな話はないとは思っているだろうが、それは取り組み方次第であって、その「もの」があるのではない。
それすらも分からない人が多いのだが。

アンデルはカンパニーに帰る。
おみやげに「肘打ちの型」を教えた。
腕は肘の動きと比例する。
肘は型の動き、胸の動きと比例する。
つまり、腕の操作には絶対にかかせない基本的な動きであり、定規だ。
型の順番は二回通しで憶えてしまった。
後はその要素だ。
これは一朝一夕では獲得出来ない。
「わけの分からないウオーミングアップやストレッチをするくらいなら、この型をすればいいよ」
その言葉に「そうだと思う。今までの身体に対する認識は全部間違っていると感じた」と答えた。

先乗り込みし、先に東京に帰ったマーツ。
彼女は刀の基本的な操作を二回で憶えた。
しかも美しい。
思わず「どうして出来るの?」と聞きたくなった。
というよりも、二回は無理としても数回で憶えて当たり前の単純な運動だ。
そんな単純な運動に何日も費やさなければならないとは、どんな自分なのか。
と問題を自分に転嫁しない人が沢山いる。
それでは、永久に出来ることはない。
例え、単純な運動であってもだ。
マーツの身体は素晴らしく感度が良い。
しかし、全身は繋がっていない。
マーツ自身その事に気付いている。
それは私のドイツでのワークショップの最終日に「どうして日野の身体は繋がっているのに、私の身体は繋がっていないのか。繋げる方法を教えて欲しい」と言っていた。

身体を繋げる一番の実際的ヒント(どうしてヒントなのか。残念ながら実際に自分の身体を繋げるのは運動を媒介とし、自分自身の感覚と意識で行わなければならない。だから、こちらが教えることが出来ないのだ。だから『ヒント』ということになるのだ)は、胸骨の引き上げの姿勢からの体重移動だ。
これを徹底的に行った。
結果、身体の根幹部分は繋がったとマーツ自身自覚した。
その事によって、マーツの何かが変化した。
内的な何かが確実に変わった。
それは使える何かを掴んだからだ。
目の深さが増したのだ。

marthe

今回の合宿ほど、人の変化を見られた合宿はなかった。
日野武道研究所に集う人たちの何かが確実に熟成されてきているのだろう。
来年はもっと大きな変化があるに違いない。
但し変化する人にとってはだが……。

 

2004夏合宿

3人がけ

お盆になると恒例の夏合宿だ。
今回も東京から自動車二台を仕立てての乗り込み、大阪から、奈良からと集中合宿を楽しみに集まった。
日頃の稽古では基礎中の基礎をする時間がないので、この機会に一挙にマスターしようというものだ。
朝8時から夜は果てしなくバテル迄。
今回は12日から16日までの四泊五日だ。
毎年テーマがありそれにそって行われる。

今年のテーマは「みる」と張り出されてあった。
「みる」は、相手の動きをみる、自分の動きをみる、という当たり前のことを通り越し、相手の「意志をみる」と強調されて書かれてあった。
それは、組み稽古の時や様々な場面で稽古が成立しなくなる時がある。
その場合のアドバイスの時の「みる」だ。
何時も「形が間違っている・●●が悪い」と相互に指摘しあっているが、大方の場合改善されない。
それの原因はアドバイスの仕方、つまり、見方が間違っているからだ。
「意志をみる」つまり、それはどういった動機で、あるいはどういった考え方に基づいてその形になったのか、をみるということだ。
「手が曲がっている」という指摘は、指摘にならない。手が曲がっている人は手が曲がっている事を「知らない」からだ。
『雨が降っているのを見て、雨が降っているよいうようなものだ。
それを言ったところで何もどうにもならない。
それは幼稚園の子供の言うことだ。
だからどうするのだ。
どうしたいのだ。
どうしたかったのだ。』と言葉があった。
つまり、「何故手が曲がっているのか」を、相手からみる事が出来なければアドバイスにならない。
だから相手はそれを修正することが出来ない。
にもかかわらず何時も「手が曲がっている・突いている」等と繰り返していた。
当然、その頭で自分の事も考えているのだから何一つ上達しなくて当然だ。
これをメインテーマにし、様々な稽古が行われた。

そして、もう一つのメインテーマは「稽古法」だ。
上達法ともいうべきものだ。
どう稽古しなければならないのか、どう稽古をとらえなければいけないのか、を稽古の中で実際に起こる様々な状況での指摘を受けた。
一つの組み稽古をする。
その内容は身体の連動と体重の移動だ。
そして、その上に相手との関係が乗る。
一通り順番を覚えたらすぐに「自分の決めたテーマ」に取り組む。
ここが何時も抜け落ちていたところだ。
ただ漠然とその覚えた順番を繰り返していたり、何故手本の様に出来ないのかと思っていただけだ。
各人がテーマを決めそれを順番の中で行う。
相手は相手でテーマを決めているが、それが相互に同じではない。
そこで、お互いに自分のテーマを告げそれが実際として行われているのかどうかを確かめ合うのだ。
レベル以上のものを決めても意味が無いどころか挫折する為に決めているようなものだ。
各人が決めたテーマ、つまり、「意志」だ。最初は、訳が分からなかったが四泊五日の時間は、脳に浸透させるのに丁度良かった。
順番の中で一つのテーマがある程度出来たら、即座に次のテーマを考える。
その次その次と、どんどん自分にプレッシャーを掛ける。
同時に最初の組み稽古をどんどん変化させ、あるいは発展させていく。
すると、行き詰まりがくる。
現在の自分の実力では出来ないのだ。
そこで、また一番最初の組み稽古に戻るのだ。
そこで改めて最初のテーマにじっくり取り組む。
すると、最初のテーマは氷解していた。
自分の力で掴み取ったという事だ。
だから喜びがあった。
この稽古法を「守・破・離」といい、それはさらにその日のテーマ、一年間のテーマとして自覚的に取り組まれていなければならない。

「出来ない自分を知れ、決して出来るようになりたいと思うな」「出来なくて良い・見た目が似ていても意味がない」普通はどうして?と思ってしまうのだが、実際出来ない自分を知るという事がなければ出来るようになるはずもない。
何が出来ないのかを知らなければ、何が出来るのかもない。そんな当たり前のことにも気が付かなかった。
出来ない自分を知るには、自分でテーマを決めていなければ分からない。
当たり前だ。
自分の意志で決めたものがあるからこそ、それが出来たのか出来ないのかが分かるのであって、漠然と「強くなりたい・上手になりたい」と思いこんでいたところで、何一つ実現することもない。
その思いこみが間違っているのではなく、その思いこみを実現する為には具体的なステップが必要だったのだ。

難しい打撃での多人数がけ、木刀での多人数がけ、組み付きでの多人数がけ。
これらもきちんと積み重ねることで、各人のレベルで出来る様になるという体験は、当たり前のことだが稽古法の重要性、自分で決断して取り組む、意志を持つ意志を見る事の重要性が骨身にしみ込んだ合宿だった。
だから「武道は全てに応用できる」という事を改めて認識した。

多人数組み討ち
二人がけ
多人数がけ3

合宿まとめ1
合宿まとめ2
合宿まとめ3


武道塾トップ  身体塾トップ  武禅トップ

TOP

●日野武道研究所サイトマップ/English

武禅一の行
・ 武禅で何をするの
・ 行会案内
・ 参加者のレポートから
・ 武禅の一日

武道塾
・ 武の存在意味
・ 武道に極意なし
・ 武道的対人論
・ 合宿レポート
・ 教室 
・合気道研究

●海外での指導

身体塾
・ 骨格で考えよう
・ 身体を連動させる
・ 身体の法則性
・ 身体の学び方
・ 表現者へ
●海外での指導

●武道を学校に導入?
●稽古と意識
●ギエムという芸術
●文楽は武道だ
●胸骨トレーニング
●メンタルトレーニング?
●トレーニングとは?
●稽古と学ぶ
●故伊藤先生のこと
フォーサイスカンパニーでの一週間

●練習の仕方

●過去のワークショップ一覧


・日野晃の著作物/DVD他

・メディアでの紹介

・予定表

・ブログ(毎日更新)

・グッズ・本やDVD・Tシャツ販売

・リンク

・過去の更新履歴

・お問い合わせ