人との関係性をよくする為に

東京都江東区森下3丁目
11-12千葉ビル1F
東京教室

大阪市北区中崎2-3-29
らこてん中崎内(毎週水)
大阪教室

 ぶどう塾 こころを鍛える からだを鍛える  

日野武道研究所では

昔日の剣の達人伊藤一刀斎は「身体に備わる機能を使うことが剣の妙機」だと記しています。

それを簡潔に言うと、いかに自意識や雑念を取り、身体を解放できるのか、また、解放された身体がからだとして合理的に働くのか、そこを稽古していくことが、たどり着く答えだと発見しました。

面白いでしょう、剣の極意が刀の使い方や足捌きといったことではなく、身体の機能を使うこと、という事が。

それは、武道はどこまでいっても人との関係で成り立っているからです。

つまり、自分だけがいくら頑張っても駄目だと、今から400年も前に看破していたのです。

しかも無意識領域を働かせることだと言い切っているのです。

日野武道研究所では武道史に残る教えや言葉から、からだと自分との関係、そして他人との関係にアプローチする。

そのことを武道だと考えています。

つまり、武道の「技」は、「からだ(こころも含む)の技術」だという捉え方です。

現在フランスを中心に各国のダンサーやカンパニー、色々な武道家達に招聘され「日野身体理論」でのワークショップを開いています。

日本でも各地でワークショップを開き、一般の方を初めプロのアスリートやプロの格闘技家、役者、ダンサー、医療関係者他、様々なジャンルの人が受講してくれています。

からだに対する認識や人に対する認識を変え、それぞれのジャンルで成果を出しています。


お知らせ お知らせ 
東京教室

緊急! 東京教室の予定が変更されました!

緊急決定!1月10日ライブ!Drums VS 和太鼓 セントジェームスにて

■遅ればせながら

■ヨーロッパツアーです

92武禅レポートアップしました

■岡山ワークショップをまとめました

■京都ワークショップまとめました

■福岡ワークショップまとめました

■沖縄ワークショップまとめました

 

武禅一の行次回(来年春)のお知らせ
3月20,21,22日

「こころの象(かたち)」英語版出版!!続きを読む

著書多数
ウイリアム・フォーサイス武道家と出会う
大阪教室
ワークショップ

武学入門

こんな方達にこそ

■ 既存の武道をやっていて限界を感じている方

■ 腕力に頼らない「力」を身に付けたい方

■ 直ぐに力んでしまう方

■ 昔の達人の匂いを少しでも実現したい方

■ 武道・格闘技に関して問題・悩みをお持ちの方

   ーーーーーーーーーそんな方は武道塾へ(流派・ジャンルを問いません)

■ しなやかに見えるからだをつくりたい方

■ 本当に全身を使いたい方

■ スポーツで伸び悩んでいる方

■ 舞台でからだが伸びやかに見せたい方

■ 疲れにくいからだを持ちたい方

■ いつまでも美しく若々しくありたい方

ーーーーーーそんな方は身体塾へ(アスリート・ダンサー・役者・俳優・医療従事者・一般の方他どなたでも、自分の身体の可能性・能力を伸ばしたい方)

■ 人ときちんと向き合いたい方

■ 自分の思いを人に伝えたい方

■ 他人から好かれたい方

■ 他人との関係を知りたい方

■ 人生を思うように生きたい方

ーーーーーーーーーそんな方は武禅へ(どんな人にとっても重要な、人間関係に特化したクラスです。特に人と接する仕事の方。営業、医療従事者、美容理容師、接客業他)

一度参加者のレポートをお読み下さい

 



DVD多数
武道の解答
日野晃のyoutube
日野晃の動画
達人技の神髄
安めぐみさんと
 
 
 
   

■身体を使う?

身体を使う、身体の使い方、というコピーが沢山溢れています。

身体を使うというのは、頭を使うということで、身体の使い方というのは、考え方ということです。

当たり前の事ですが、身体が勝手に動く事はありません。

身体は、頭や気分、欲求が動かしているのです。

ですから、考え方を変えることが、身体に新しいプログラムを導入するということになります。

例えば、道を歩く時、自分の注意を胸骨の中心に向けてみましょう。

そして、動きをリードするのは「胸骨」にしてみましょう。

歩くスピード、姿勢、全部変わります。

つまり、「胸骨に注意を向ける」という考え方が、身体を変化させたのです。

ちなみに、サッカーの名選手メッシは「サッカーは胸骨でやっている」と言っています。

■武道とは、何でしょうか?

武道を簡潔にいうと「自分を超えていくこと」を目的に稽古をすることです。

自分のクセ、自分の考え方、自分の価値観、自分の感覚、自分の身体……

それらを超えていくこと、つまり、色々な意味で自分を成長させる為のものなのです。

そして、それは「人との関係」の中で生きているので、そこで自分らしく生き生きと生きていく為に必要なのです。

まず、勝ち負け、白黒、という考え方を変えていきます。

相手のいう事を聞く。これは相手という他人を使って、自分の幅を広げる為です。

しかし、これは外国の人達には至難の業です。

「私は」という考え方だけで育っているからです。

相手を聞く、というのは、自分の身体や頭には、自分の体験や知識しかありません。

そこに相手という、自分ではない体験を足せば、誰が考えても自分の幅が広がるのが理解出来ると思います。   

    案内

刀

■自分を超えていく

自分のクセ、自分の考え方、自分の価値観、自分の感覚、自分の身体……。

でも、それらは「自分が知っている」のでなければ、変え様も成長させようもありませんね。

ですから、自分を知ることが、自分を超えていく鍵です。

「自分では丁寧に相手に接しているつもりでも、相手には自分勝手に動かしていると言われる。

また、第三者の視点からも雑に扱っていると言われる。何とか修正したいが、自分では丁寧に接しているつもりなので、どうしたらよいか分からない。

頭で考えてはいけないのは分かっていても「もっと相手を感じよう」とか「もっと丁寧に」とか考えてしまう。

だから実際には何もやっていない  武禅 初参加30歳代 会社員」

これは「武禅」の参加者のレポートですが、大方の人は「自分を知らない」のです。

知らなかったら、知ればよい。ただそれだけです。

予定

刀

■身体には無限の可能性がある

身体には無限の可能性があります。

例えば「火事場のバカ力」と言いますね。

それが身体の可能性を開く鍵です。

つまり、頭(意識)が「もう無理、これが限界」等と身体に働きかけるので、余程切羽詰った時、

つまり「火事場」でなければ、その能力は発揮されないということなのです。

ですから、いくら身体のトレーニングを積もうが、自分の限界は直ぐにやってくるのです。

それは、プロのアスリートの方達や、プロのダンサー達には死活問題です。

だから、その限界を突破する身体の使い方、意識の使い方に飛びついてくれました。

身体の持つPotentialを引き出すポイントは、ずばり「胸骨」にあります。

胸骨を操作し、背骨、肘、膝、骨盤等へ連動させるのです。

もう一つあります。

「足を突っ張らない・力まない」ことです。

最初は、オリンピックに出場し、次を狙う選手でした。

また、2005年から招聘され指導続けている、ドイツを拠点とする、世界のトップダンスカンパニーのフォーサイスカンパニーです。

そこを皮切りに、多くの有名カンパニーや、芸術大学。特に外国では、理解者は増えています。

それは、何故かというと、西洋で発祥している身体理論の行き詰まりを、肌で感じているからです。

ですので、2005年から毎年ヨーロッパに指導に言っていますが、招聘される国はどんどん増えていっています。

日本での教室やワークショップには、一般の方、プロのダンサーやプロのアスリート、演劇関係者、心理学の先生、看護士や治療家、もちろん、医者も参加され、自分の身体を磨いています。

大阪にある特別養護老人ホームで、定期的に研修を続けたり、総合病院の青年医師達に研修も行っています。

大学での講演や、教職課程の学生達、小学校や企業など、様々なところで、身体の無限の可能性、それに関るものの考え方生き方、等、活動しています。

 

Elements of various projects I have shot here in Japan , for Discovery Channel and others, cut to the iconic music of Gheorghe Zamfir's "The Lonely Shepherd".
Features the amazing Hino Sensei, who teaches martial arts at his own handbuilt dojo in the beautiful mountains of Kumano Prefecture , Japan .


●日野武道研究所サイトマップ/English

武禅一の行
・ 武禅で何をするの
・ 行会案内
・ 参加者のレポートから
・ 武禅の一日

武道塾
・ 武の存在意味
・ 武道に極意なし
・ 武道的対人論
・ 合宿レポート
・ 教室 
・合気道研究

●海外での指導

身体塾
・ 骨格で考えよう
・ 身体を連動させる
・ 身体の法則性
・ 身体の学び方
・ 表現者へ
●海外での指導

●武道を学校に導入?
●稽古と意識
●ギエムという芸術
●文楽は武道だ
●胸骨トレーニング
●メンタルトレーニング?
●トレーニングとは?
●稽古と学ぶ
●故伊藤先生のこと
フォーサイスカンパニーでの一週間

●練習の仕方

●過去のワークショップ一覧


・日野晃の著作物/DVD他

・メディアでの紹介

・予定表

・ブログ(毎日更新)

・グッズ・本やDVD・Tシャツ販売

・リンク

・過去の更新履歴

・お問い合わせ

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
 

hino budo institute
このサイトはリンクフリーです。御自由にバナーを貼り付けメールでお知らせさください。
相互リンク御希望の方もメールでお知らせ下さい。


当サイトへ掲載された文章・画像などの著作権は全て日野晃に帰属するものとします。
他の表現媒体へ無断で転載・転記・引用する事は固く禁じます。
「武禅」は日野武道研究所の商標登録です。
商標登録第4763965号
雑誌掲載はこちら御一報下さい。